日本舞踊 花柳流 copyright © 2018 Hanayagiryu.COM All rights reserved

 

※当サイト内の写真及び記述の無断転用は禁じます。

  • Wix Facebook page

第1 受験資格について

1 満15歳以上の心身健全な者

2 花柳流を満三ヶ年以上、怠りなく学びたる者

3 他流の名を有する者は、当流の受験をする事は出来ません。

4 尚、受験合格後も、流則に準じ他流の名を有する事は出来ません。

 

第2 受験の手続

1 受験者は、花柳流所定の履歴書用紙並びに希望名記入用紙、及び受験申請書、誓約書等の交付を受け、各項目に必要な事項を明記し、当人の戸籍抄本1通、写真(カラーを除く。5×5cmの素顔の近影)1枚を添え、受験希望付きの2ヶ月前の毎月10日までに受験料2万円を添えて、花柳流事務所に提出する事。

履歴書記入の際、特に本人及び戸主の職業は出来るだけ具体的に職種・役職を記入すること。

 

2 二人以上の師匠についた場合は、前の師匠の受験承認書を履歴書に添えて提出する事

 

3 提出された書類は宗家家元において検討し、受験の可否を取立師匠に通知する。

 

4 受験の際の服装は、華美なものでなく、無地のもので、振袖をさけ、留袖の着物を着用し、帯は後見結びにしめる事が望ましい。尚、扇子は必ず、銀無地を用いること。

 

5 試験当日、会場費1万円を納めること

 

第3 受験課目

 1 上級試験 常磐津「廓八景」、長唄「汐汲」

 2 初級試験 長唄「松の緑」、小曲「潮来出島」

但し、満55歳以上の者は「汐汲」に替えて常磐津「山姥」で受験することも出来る。

 

第4 注意事項

昨今、花柳流の名前を詐称して、流儀に無断で不正な名取試験を実施し、当流の台帳にない名取名を取得させている団体があるとの報告を受けております。お間違いのないようくれぐれもご注意ください。

名取試験を受験されるみなさまへ

〜普通部受験者の心得〜